• お気軽にお問い合わせくださいTEL : 03-6869-7085
  • 〒104-0061
    東京都中央区銀座1-13-1
    ヒューリック銀座一丁目ビル4F

専門コラム 第77話 600億円/400万個「おせち市場」、ネット通販にこそ勝機がある!

 おせち料理を自宅で作る・・・。その光景は減り、買うことが当たり前になりました。

では、どこまで当たり前になってきているかご存知でしょうか?

2017年富士経済による調査で、おせち市場は600億円とのデータが出ています。

私自身のおせち販売経験からも実感として600億円は妥当と言えます。では、個数にするといくつか?

関わられている方には分かると思いますが、平均単価は15,000円程。600億円/15,000円で、ざっと400万個。独身世帯も含め4,000万世帯から考えると最低10軒に1軒は、おせちをどこかで購入している計算です。

そしてこの9月2日、ハースト婦人画報社の通販サイト「婦人画報のお取り寄せ」で実施した来年のおせち料理についての、動向調査結果が発表されました。

※ 詳しくは「婦人画報のお取り寄せ」サイトでご覧ください

https://www.hearst.co.jp/whatsnew/corp-190902-Otoriyose

そこから抜粋した、注目すべき点を挙げておきます。

・来年(2020年用)おせちを購入するか?

  65.2%が、購入すると回答 → 過去4年で最も高い値に

・おせちを購入する場所

 「通販・ネット注文」2018年 42% → 2019年 64%と、22ポイントの大幅アップ

  百貨店などリアル店舗から、ネットが主戦場にシフトしている

・検討開始時期

  10月以前に検討開始する人38% → 益々早くなっている

・おせちの購入予算

  昨年から13%・約3000円 増加

  2018年 平均21,613円 → 2019年 平均24,447円

  富裕層が多い婦人画報の顧客のため平均単価は高い

  令和として迎える初めてのお正月という特別感から?

そして、私がギフト通販として最も注目したのがこの結果です。

・おせちをギフトに

 離れて暮らす両親や実家におせちを。ギフトで贈ってみたいという人が半数以上(51%)

意外に思われる方もいるかもしれませんが、おせちを贈る人は昔から一定量、存在していました。ですが、ここまでギフト利用したい人が増えた要因で考えられるのは・・・

自分で買ってみて良かった。結果、安心して贈り物として使えることが分かった・・・ことではないかと推測します。

おせちそのものの品質の向上、崩れないお届け状態、30日や31日に必ず届くなど、原料〜製造~出荷~着荷に至るまで、メーカー、販売、宅配が三位一体となって長年に渡り努力を積み重ねてきた結果「ギフトとしても利用したい」に繋がってきていると見ています。

一方で、ギフト利用を即すような販売サイトやカタログを、ほとんど見かけません。

ギフト利用を即すことで、自分の家には絶対1つは必要なので、ギフト利用があるともう1個となり、客単価15,000円が、倍の30,000円になる訳です。

どう伝えれば、ギフトとしての利用促進が出来るか。ネット販売であれば今からでも遅くはありません。おせち販売を手がけられているお店、企業はぜひ今年、おせちのギフト需要も取りにいってください。

ギフトでご満足されれば、自宅用で買ったおせち以上の価値をお客様はお店・企業に感じてくれるはずです。